岩殿山城
岩殿山城:山梨県大月市賑岡町岩殿   岩殿山城探訪:2012:11
岩殿山城は634mの岩殿山に築城。岩殿山城の城主は武田家重臣の小山田氏だが平時は都留郡谷村に居宅。 岩殿山城の城主菩提寺は桂林寺。 

岩殿山城の築城時期は定かではない。戦国時代のの享禄5年(1532)、武田氏の被官、小山田氏が相模・武蔵方面への守りとして城郭化したという。天正10年(1582)3月、織田・徳川連合軍が甲斐に侵攻、武田勝頼は築城半ばの新府城を焼き捨て、小山田信茂の守る岩殿山城へ退避するべく行軍していたが、笹子峠で小山田信茂は謀反、武田勝頼は、3月11日天目山にて自刃した(菩提寺墓所は景徳院)。小山田信茂は信長への帰参を請うたが、不忠者として成敗された。岩殿山城は武田氏滅亡後は北条氏、豊臣氏、そして徳川氏の手に渡ったが、元和元(1615)年廃城となった。

日本三大奇矯の猿橋と岩殿山城の遠望
岩殿山城から見た大月市街
岩殿山城の城主小山田氏の菩提寺、桂林寺(都留市金井)//小山田氏は平時は都留郡の谷村に居を構えていた
岩殿山城の本丸跡:スカイツリ−と同じ高さ634m
資料館から岩殿山城を仰ぐ
Back
           揚城戸跡                           番所跡                       倉庫屋敷跡