岩村藩/岩村城/女城主-おつやの方
岩村藩 /岩村城:美濃(岐阜)恵那市 大給松平家・西尾藩分家 譜代 30千石【雁間】子爵  岩村城は三大山城(備中松山城・大和高取城)
 知新館正門。 城下の町並。 紅葉に映える大将塚、悲劇の女城主(信長の叔母、逆さ磔)。 岩村藩松平家の菩提寺は寛永寺春性院H17.05参詣 ☆大給松平乗紀が元禄15年(1702年)岩村藩に入封し7代165年在封した(延宝7年(1679)旗本から諸侯へ)
岩村藩の宗藩:三河西尾藩60千石 豊後府内藩21千石 信濃田野口藩16千石  平成2年5月探訪は忠犬だい/同10年11月/同23年4月淡墨桜B
小さな城下町に残る古い町並み/今回は、根尾谷の淡墨桜の観桜途次に訪れた。
岩村城移設城門:妙法寺/城下
岩村藩、
※一口メモ
@岩村藩の藩主変遷  田丸家(除封)→松平家(大給)→丹羽家→1702年、松平家(大給)分家が岩村藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の岩村藩:維新時の岩村藩は江戸では佐幕派が多かったが、国許は勤王派優勢で新政府軍に助力した。岩村藩の藩主は鳥羽伏見の戦い後の2月26日になって幕府陸軍奉行を辞職、3月14日帰国したが、国許での新政府軍への協力が評価されお咎めがなかった(岩村藩から77名が出兵し、戦死者はゼロ)。
B実践女子大学創始者の下田歌子は岩村藩の出身で城跡に石碑が建っている。 
岩村城は文治元年(1185)に加藤景廉によって築かれた。 景廉は、源頼朝より遠山荘の地頭に補され、嫡男景朝が赴任し遠山氏を称した。遠山氏は、岩村城を本城として、東美濃に勢力を拡大した。 元亀元年(1570)、東美濃へ侵攻した武田氏との戦いで遠山一族は破れ、城主遠山景任はこの合戦で受けた負傷により没する。 景任死後の元亀3年(1572)、景任の未亡人おつやの方が守る岩村城を武田の臣、秋山信友が攻め、おつやの方と結婚を条件に和議が成立して、秋山信友が岩村城の城主となる。 天正3年(1575)、長篠の合戦に勝利した織田信長は、岩村城を奪回して川尻鎮吉を城主として城の大改修を行った。次いで森蘭丸・長可・忠政の時に近世城郭へと改修を完成させた。 慶長5年の関ヶ原の戦いで西軍に与した時の岩村藩4万石の田丸具忠が改易され、徳川譜代松平家乗が2万石を領して岩村藩に入封した。 
 <幕末275藩  <小さな城下町
平成10年11月の再訪時の岩村城は全山紅葉  /岩村藩 /岩村藩
岩村藩、山上の岩村城石塁
岩村城移設城門
     :徳祥寺/城下から車で10分 ⇒
岩村城:標高721m、階郭式の曲輪どり、石塁のみごとさ!
             御料人 色鮮やかに 化粧され/岩村藩 岩村藩      岩村藩松平家菩提寺の寛永寺春性院H17.05/商工観光課さま