岩崎藩/秋田新田藩
岩崎藩/秋田新田藩: 出羽(秋田)湯沢市岩崎 佐竹家・久保田藩分家 20千石【柳間】子爵 1701年から9代160余年在封
秋田新田藩とも言う 定府大名//江戸期を通して殆どの期間、宗藩から蔵米支給だった。 千年公園が陣屋跡 八幡神社本殿は陣屋玄関の遺構 
明治2年に仮陣屋構築、その後破棄
  岩崎藩歴代藩主の菩提寺&墓所は宗家の江戸菩提寺である総泉寺/東京板橋区2006.02参詣
ここ湯沢は江戸時代を通して佐竹南家/89百石(大名でない)が居を構えていた  岩崎藩 岩崎藩探訪:平成9年9月/ 同20年8月再訪
※一口メモ:@岩崎藩/秋田新田藩は元禄14年(1701)、佐竹義長が兄の宗藩の久保田藩主義処より2万石分与され立藩した。
A幕末維新時の岩崎藩:岩崎藩は宗藩の久保田藩と常に行動を共にし新政府軍に恭順した。岩崎藩からは133名出兵し、6名が戦死した。戦後、岩崎藩は論功行賞で賞典金2千両を拝領した。
岩崎藩佐竹家菩提寺&墓所の総泉寺/板橋区。関東大震災で改葬。 定府大名のため、領地に菩提寺はない。
両関酒造(現役時代の同僚の実家を訪ねた) :雪月花 両関/
岩崎藩/秋田新田藩の岩崎の町並
岩崎藩の陣屋玄関の遺構/八幡神社
岩崎藩の陣屋跡、千年公園//明治2年陣屋構築