岩槻藩:岩槻城
 ※一口メモ
@岩槻藩の藩主変遷  高力家→青山家→阿部家→板倉家→戸田家→松平家→小笠原家→永井家→1756年、大岡家が上総勝浦から岩槻藩に入封し藩主家が定着
A岩槻藩大岡家:大岡忠光が西丸小姓にあげられ、累進して延享3年(1746)、将軍家重の側衆となり2千石を拝領。家重は言語が不自由で忠光が理解できたという。宝暦元年(1751)上総勝浦で1万石拝領し諸侯に列し、1756年岩槻藩に入封した。

B幕末維新時の岩槻藩:慶応4年3月、江戸城をめざして新政府軍が進撃してくると岩槻藩は、いち早く恭順を表し、旧幕府軍脱走兵の追討に従った。
岩槻藩からは143名出兵した。
遷喬館:岩槻藩士で儒学者、児玉南可が17 99 (寛政11)年に開いた私塾。1820(文政3)年藩主大岡忠固が南可の功績をたたえて藩学所とした。
岩槻藩の城下にある時の鐘
城址内の心字池/岩槻藩
岩槻城門/岩槻藩
岩槻藩大岡家菩提寺の龍門寺
岩槻藩/岩槻城: 武蔵(埼玉)岩槻市 大岡家 譜代 23千石【雁間】子爵    ☆大岡忠光が1756年に岩槻藩に入封し8代112年在封      
岩槻城門  遷喬館 岩槻藩大岡家菩提寺の龍門寺  「岩槻に過ぎたるものが二つある児玉南可と時の鐘  人形の町としても有名  
岩槻藩探訪歴:昭和59年5月探訪/平成17年6月再訪B/同24年8月更新 岩槻藩 大岡家(3男系)は三河西大平10千石⇒江戸町奉行で有名