岩屋城 
岩屋城:福岡県太宰府市大字観世音寺字大浦谷                 岩屋城探訪:2013.10 /伊作35会長府の旅の途次
岩屋城は大野城(朝鮮式山城)の南端部に築城された山城で島津軍と大友軍の激戦地となった所。岩屋城は16世紀半ばに豊後大友氏の武将、高橋鑑種が築城した。次の城主、高橋紹運は天正14年7月(1586)九州制覇を目指す島津勢50000人の大軍を迎え撃ち激戦10日余、豊臣秀吉の援軍到着を待たず700余名の守備兵とともに討死した。 岩屋城址そばに城主、高橋紹運の墓。   
飛鳥時代築城の大野城へ行く途中の右側に「岩屋城」の標識がある 岩屋城登城口からみた本丸
                                        岩屋城本丸跡
 城主、高橋紹運、将兵達の墓は岩谷城二の丸跡にある 岩屋城の本丸からみた大宰府政庁跡
Back