伊予松前城/まさき城
伊予松前城:愛媛県伊予郡松前町筒井1410   伊予松前城探訪歴:2012.09
伊予松前城の築城年月は不明だが、1336年合田弥四郎貞遠の居城となっていたが、戦国時代は河野氏の拠点の一つであった。天正13年(1585)の豊臣秀吉の四国征伐で河野氏は敗れ、栗野秀用が松前城に入城した。しかしその後栗野氏は除封となり、文禄4年(1595)加藤嘉明が6万石で伊予松前城に封ぜられた。その後、慶長の役の功により10万石、更に関ヶ原の戦(1600年)の功により20万石に加増された。しかし、この地は戦略上不利な点が多く、慶長8年(1603)松山城を築いて移ったので伊予松前城は廃城となった。伊予松前城。

<有名人の墓

Back
大智院には二基の五輪の塔がある。後藤又兵衛基次夫妻の墓といわれる。元和元年((1615)、豊臣氏が滅んだ後、落武者となり旧友の松山城主、加藤嘉明を頼って、伊予の国にやってきた。当時、徳川家では、又兵衛の捜索が厳しく、そのため名を弟の市郎右衛門と偽り難をのがれ、寛永11年(1634)の死に至るまで松前、筒井に住んだ。又兵衛は在世中、農業奨励、荒地の開墾など、地方農業に貢献し、後藤新田、後藤の堰など事跡が多く残っている(松前町HPより)。
伊予松前城跡は小さな公園に碑のみある。