泉藩:泉城
泉藩/泉城: 陸奥(福島)いわき市 本多家・岡崎藩分家 譜代 20千石【帝鑑間】子爵    本多忠如が1746年泉藩に入封し7代120余年在封
公民館敷地に泉城址碑 泉藩の陣屋移築裏門(泉町3丁目) 土筆摘み/H8年5月   泉藩本多家菩提寺の弘福寺/墨田区と合祀碑H17.02参詣
泉藩探訪歴:平成8年5月愛犬だいと探訪/同17年4月再訪/同24年3月は泉藩の移設陣屋裏門探訪(仙台藩の各要害探訪の帰途立ち寄る)     
泉藩の陣屋跡は公民館敷地に碑文あり
泉藩本多家菩提寺、引福寺。この寺は、越後与板藩、上野小幡藩の墓所&菩提寺でもある。
吹く風を勿来の関と思えども
 道もせに散る山桜かな(八幡太郎義家)

※一口メモ:@泉藩の藩主家変遷  内藤家が元和5年(1619)入封し泉藩が成立→板倉家→延亨3年(1746)に本多忠如が相良から泉藩に入封し藩主家が定着。泉藩の2代目は老中格、5代目は若年寄、6代目も若年寄と幕府の重鎮を勤めた。
A幕末維新時の泉藩:泉藩は奥羽越列藩同盟に与して、新政府軍から陣屋を焼かれた。その後、懲罰として泉藩は2千石の減封をうけた。  

1090年ごろ詠む。勿来の関の山桜はやさしい
/平成17年4月(城下からほど近い勿来に寄る)
泉藩の陣屋裏門(移設):泉町3丁目Y家)::仙台藩の登米・涌谷・岩出山 
         ・松山・佐沼諸要害探訪の帰途立ち寄る(平成24年3月)。
泉藩、本多家の家紋の素、立ち葵の木
泉陣屋の土塁跡