請西藩:請西陣屋
※一口メモ
@請西藩林家は林忠英が文政8年(1825年)7000石旗本から若年寄に昇進し3000石の加増を受け、諸侯に列し請西藩を立藩した。

A幕末維新時の請西藩:最後の請西藩の藩主、林忠崇は、新政府軍との戦いに徹底抗戦した。江戸開城ののち請西藩1万石というちっぽけな藩の殿様の破天荒な行動に振り回された。請西藩は自ら陣屋に火を放ち出陣していった。江戸湾を押し渡って、箱根で薩長軍を食い止めようとするが、小田原藩が新政府軍に下ると、一旦房総に引き上げ、さらに榎本艦隊に乗り、仙台、会津、米沢と各地で抗戦を督励するが、これらも相次いで降伏。徳川宗家が駿河で存続が許された報に接し、降伏した。奥羽列藩同盟の各藩も軒並み減封はされたが、旧幕府軍の諸藩の中で、請西藩が完全に取り潰しとなった唯一の藩である。忠崇本人は明治4年赦免され、昭和16年、「日本最後の大名」として、94歳で亡くなった。    
請西藩林家菩提寺の青松寺と墓
請西藩(じょうさい):請西陣屋:上総(千葉)木更津市 林家 譜代 10千石【菊間】 士族(明治26年に男爵)           脱藩大名の請西藩
真武根陣屋碑 昭和16年94歳没 青松寺/愛宕にお墓    ☆林忠旭が1850年に請西藩の陣屋を構築し3代18年在封
請西藩の藩主、林忠崇21歳、請西陣屋に火をかけ出陣。旧幕臣の遊撃隊に参加、箱根・小田原・奥州各地を転戦し官軍に徹底抗戦。  
 明治維新後、大名として認められず士族。
                
請西藩探訪歴:<平成9年2月探訪/17年5月再訪/26年8月更新>