加賀藩/金沢城
加賀藩/金沢城: 加賀(石川) 前田家 外様 1022千石【大広間】侯爵   ☆前田利家が加賀藩に入封し14代280余年在封
☆天正11年(1583)、賤ヶ岳の戦い後、前田利家が金沢城に入る。文禄元年(1592)から金沢城の大改修工事に着手した。  ☆ 石川門。50間長屋。菱櫓。鯉喉櫓台。兼六園。 武家屋敷街。 尾山神社。。加賀藩前田家の野田山墓所と宝円寺。 東茶屋街。西茶屋街。  加賀千代女墓。 十村役
昭和62年5月探訪/平成9年4月再訪/同26年4月B  加賀藩 加賀藩の支藩:大聖寺藩100千石・富山藩100千石・上野七日市藩10千石
春や春 桜吹雪の 城下町  
                                  加賀藩、金沢城 菱櫓と50間長屋
金沢城址の夜桜 
長町の武家屋敷の土塀  東茶屋街
 
      加賀藩前田家菩提寺の宝円寺               加賀藩初代藩主前田利家公墓  同妻、まつの墓 加賀藩前田家の野田山墓所  
※一口メモ:幕末維新時の加賀藩:加賀藩は勤王派の粛清を断行し、玉虫色の佐幕路線を進んで行った。鳥羽伏見の戦いでは幕府軍として出陣したが、途中で京都の情勢を伝える使者が来て、加賀藩はあわてて新政府への恭順を表明して、北越や会津の戦いに積極的に出兵した。戦後、加賀藩は賞典録15千石を得たが、出兵した兵士は7,793名、戦死者は95名にのぼった。加賀藩は最大の大名であったが、維新という「大船に乗り遅れた」ともいえる。    
 
兼六園 
 
 兼六園の築庭は、金沢城に面する傾斜地の部分からはじまった。延宝4年(1676年)、5代藩主・綱紀が、作事所を城内へ戻して自分の別荘を建て、その周りを庭園化したのが作庭の始期だと言われている。
一般的には「蓮池庭(れんちてい)」と呼ばれており来藩した客人や重臣たちの接待、あるいは観楓などの宴を楽しむ清遊の場として、大いに活用されたという。歴代藩主や老臣に深く愛された蓮池庭は宝暦9年(1759年)の大火で、一部が焼失し、その後、11代藩主・治脩によって、安永3年(1774)に翠滝と夕顔亭、同5年には内橋亭を造営された。
 Back      大名庭園
/加賀藩