柏原藩:柏原陣屋 小さな城下町の柏原藩

柏原藩/柏原陣屋 丹波(兵庫)丹波市柏原町 織田家 外様 20千石【柳間】子爵       織田信長の次男(信雄)の子孫。天童藩が兄貴筋
柏原屋 柏原藩/陣屋長屋門 陣屋書院 太鼓櫓。 八幡神社の三重塔。 めずらしい木の根橋。  柏原藩織田家菩提寺の徳源寺跡。 
柏原藩探訪歴:平成9年3月探訪/同20年11月再訪/同24年8月更新 ☆織田信休が1695年に柏原藩に入封し10代170余年在封

<戻る:織田・北条氏等子孫

<幕末275藩

※一口メモ:@柏原藩の藩主家変遷:天正年間、織田信長の弟、信包が36千石で入封し3代目で慶安3年(1650)に無嗣絶家となる⇒天領⇒元禄8年(1695)、大和松山から織田信休が柏原藩に2万石で入封し、明治まで。 
A柏原藩織田家とは:織田信長の二男信雄系。織田信雄(大和松山・上野小幡)⇒織田高長(大和松山の分地28千石を受ける)・長頼・信武⇒織田信休が柏原藩に2万石で入封した。
B幕末維新時の柏原藩:柏原藩は1867年、京都の丹波口の守備を担当し、鳥羽伏見の戦いの時は御所を守った。山陰鎮撫使にも兵を出した。柏原藩からの出兵は123名。 

柏原藩の城下にある珍しい、木の根橋、柏原藩
柏原藩の城下を見下ろす八幡神社の三重塔、柏原藩
昔の面影がひっそりと残る柏原藩の城下道筋/中之小路あたり
柏原藩の陣屋太鼓櫓/移築
←柏原藩、織田家廟所/徳源寺跡
柏原藩の陣屋長屋門
柏原藩の陣屋書院