掛川藩/掛川城
掛川藩/掛川城: 遠江(静岡)掛川市 太田家 譜代 50千石【雁間】子爵     ☆太田資俊が1746年に掛川藩に入封し7代120余年在封
掛川城/2の丸御殿・大手番所・太鼓櫓現存 大日本報徳社(二宮尊徳) 太田道灌の墓は伊勢原市洞昌院  掛川藩太田家菩提寺&墓所は妙法華寺      太田家は道灌の子孫で山川・西尾・浜松・近畿・田中・棚倉・館林を経て掛川藩へ。
  「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の(蓑)一つだに なきぞ悲しき}
  江戸築城の道灌は貧しい農家の娘との出会いから和歌の心を持つ、花も実もある戦国武将へ 
( 掛川藩探訪:平成11年4月/平成22年4月再訪)

※一口メモ
@掛川藩の藩主変遷: 山内家→松平家(久松)→安藤家→松平家(久松)→朝倉家(除封)→青山家→松平家(松井)→本多家→松平家(藤井)→北条家(絶家)→井伊家→松平家(松井)→小笠原家→1746年、太田家が掛川藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の掛川藩:掛川藩は鳥羽伏見の戦いのあと、幕府から駿府城の警備を求められたが、新政府軍の求めに応じてほとんどの兵を掛川藩に帰藩させ、恭順の上申書を提出し上洛した。掛川藩の出兵は100名と少ない。

大日本報徳社、掛川藩
掛川藩の城下にある、龍華院霊屋:3代将軍家光の霊を祀る
現存の掛川城大手門番所/掛川藩
掛川藩、掛川城の大手門
掛川藩、掛川城は満開の桜に映える

<有名子孫の城

<幕末275藩

掛川藩、太田家菩提寺の妙法華寺と歴代藩主墓石群 2005.04.参詣
掛川藩の現存の掛川城二の丸御殿、掛川藩
現存の掛川城太鼓櫓/掛川藩