角田要害:角田城 
 角田要害/角田城:宮城県角田市角田   一門(筆頭の家柄)、石川氏214百石 角田要害探訪歴: 2011.07
角田要害は角田高(本丸跡)角田中(二の丸跡)。角田要害の移築門/長泉寺・郷土資料館。 角田要害の領主、石川家菩提寺の長泉寺。
角田城(角田要害)には永禄年間(1558〜70年)伊達氏庶流の田手氏が居館を構え、1591年(天正19年)から伊達成実の居城となるが、成実出奔により政宗に接収され、慶長3年(1598)伊達政宗の叔父、石川昭光が松山から角田城(角田要害)に1万石で入封し後に加増。明治まで在封した。  
角田要害の領主、石川家の菩提寺の長泉寺/墓所の墓が倒壊しているのもあった。
角田要害の城門/長泉寺      (3月11日の東日本大震災で被災していた)     角田要害の薬医門/郷土資料館
角田高校の校門の中に、角田要害の石碑あり
Back