桜の角館
角館 :出羽(秋田)仙北市角館 久保田藩・佐竹北家 1万石 (藩内領主)    みちのくの小京都
 枝垂れ桜の武家屋敷街 角館領主縁常光院  角館旧藩武器庫 芦名家菩提寺の天寧寺 角館探訪:平成10年4月小雨/同15年5月桜満開
武家屋敷庭にて//帰りは盛岡に一泊:小岩井農場の朝/H15.5
 名門芦名家終焉の地・・角館
芦名家は相模国三浦郡から興り、源頼朝の平泉征伐の際に功名を成し14世紀後半に会津に下った後、黒川城(後の若松城)を拠点にした。16世紀の芦名盛氏の頃には
70万石の大大名として米沢の伊達家や常陸の佐竹家と並び称される勢力であった。戦国時代末期、芦名家は男子系統が絶えたため、佐竹家から養子を迎えて家系を存続させた。佐竹盛重(芦名義広・のちの義勝)である。 
しかし1589年(天正17)、奥州の覇権を目指す伊達政宗に芦名家は敗け、義広は会津譜代の家臣とともに常陸へ逃れて家の再興を図った。
1590年(天正18)、豊臣秀吉の小田原征伐に参加した芦名家は再興が認められ、常陸国江戸崎に
48千石の領地が与えられた。芦名氏再出発を期して義広は名前を盛重と変えたが、関ヶ原の戦いの後、江戸崎の所領を没収され、佐竹氏と共に秋田へと転封され、角館の領主として再出発した。義勝28才の時であった。家臣は約100名、知行高は15千石、家臣の石高は家老で200石、平均60石余りであったという。
芦名家では会津譜代の家臣の多く、佐竹家の支配から離れて独立藩として芦名家を再興させようという気運が芦名家家臣の間で日々強くなっていった。しかし盛俊が死に嫡子の千鶴丸が1才で後を継ぐが、3才の仏参の折り、天寧寺の縁側から沓脱ぎ石の上に転落して夭逝。全くの予期せぬ不運が続き、芦名家は1653年(承応2)断絶した。
                               <275藩以外            <小さな城下町
名門の芦名家菩提寺の天寧寺&墓所

角館武家屋敷の門前

藩邸一角に残る武器庫

江戸時代の武器庫/某宗教法人敷地内=旧領主館跡

角館の桜は旅行パンフレットではピンクだが実際は白っぽい