亀ヶ崎城
亀ヶ崎城(跡)は酒田東高校になっている 亀ヶ崎城,、土塁の一部に面影が残るのみ
亀ケ崎城:山形県酒田市  庄内藩、城代朝倉家1000石                            亀ヶ崎城探訪歴:2008.08探訪
 亀ヶ崎城は室町時代に武藤氏によって築城され、戦国期には東禅寺氏の居城であった。その後の亀ヶ崎城は上杉氏、最上氏に属し、最上氏の改易後は庄内藩の支城となり亀ヶ崎城には城代が在城した。天守や櫓はなく、二の丸に城代屋敷が置かれていた(亀ヶ崎城は1国1城令により破却された)。 城代(鶴岡にいた)の下に 町奉行、物頭2名、平士2名、足軽50人の体制
 最上川の河口の港町で賑わい、酒田の総家数は2251軒、総人口は12,604人であった。ただしこの人数は、船頭・水主・商家奉公人は対象外なので実際は何割か増であった(1680年ごろ)。
亀ヶ崎城。
亀ケ崎城の搦手門:酒田市内の円通寺に移築 酒田町奉行所跡:川を挟んだ所に現在の山居倉庫がある
酒田の町は1998年4月一度訪れた。2度目の酒田は2008年8月
本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に:本間邸/大地主 本間美術館
旧鐙屋:酒田を代表する廻船問屋 山居倉庫:現役のお米蔵
日和山公園の千石船
日和山公園の芭蕉像  芭蕉:暑き日を 海に入れたり 最上川