亀城-甑島
亀城-甑島:鹿児島県薩摩川内市上甑里                       (亀城探訪:2012.10 伊作35会甑島の旅・21人・宿泊は民宿の石原荘)
甑島は承久の乱(1221年)後、小川氏が地頭として甑島を領有し13代400余年収めた場所である。太閤検地の文禄4年(1595)、小川氏は知行地を薩摩半島の田布施に移され、200余名で移住したが吹上浜で憤死、謀略死した。その後の甑島は島津氏が領有し、代官を派遣した代官所跡でもある。慶長16年(1611)からは甑島地頭が派遣され23代続いた。文禄4年(1595)から島津氏が領有した。江戸時代に入り、一国一城令により亀城は廃城となった。亀城の麓には里麓という武家屋敷街が形成去れた。里麓の武家屋敷街は玉石垣に囲まれた屋敷地で、夏には鹿の子百合が咲く。
Back
亀城はトンボロの小山に築城された。
亀城全景:標高20〜30m
亀城を囲む石垣は角張ったもの、江戸期の里麓武家屋敷街の石垣は玉石
亀城の本丸
亀城への登城階段