丹波亀山藩:丹波亀山城
丹波亀山藩/丹波亀山城: 丹波(京都)亀岡  形原松平家 譜代 50千石【帝鑑間】子爵 ☆松平信岑が1748年に亀山藩に入封し8代120余年在封
丹波亀山城(跡)は大本教団   丹波亀山城は明智光秀が築城    丹波亀山藩形原松平家の菩提寺、光忠寺&墓所     
丹波亀山藩探訪歴:昭和59年8月探訪/平成9年・同18年4月再訪は保津川下りB/同26年8月更新 亀山藩

※一口メモ:
@丹波亀山藩の丹波亀山城は、明智光秀よって丹波統治の拠点として築城され、江戸時代初頭には近世城郭として整備された。
A丹波亀山藩の藩主変遷: 慶長14年(1609)に岡部家→松平家(大給)→菅沼家(無嗣除封)→松平家(桜井)→久世家→井上家→青山家→1748年、松平 家(形原)が篠山から丹波亀山藩に入封し藩主家が定着

B幕末維新時の丹波亀山藩:丹波亀山藩は藩論は佐幕であったが、新政府軍が亀山攻撃すると決すると、誓書を差出し恭順した。

丹波亀山藩松平家の菩提寺、光忠寺と歴代藩主墓所
トロッコ嵯峨と保津川下りを楽しむ H18春、亀山藩
亀山藩の本町通り
丹波亀山城の堀と石垣、亀山藩