伊勢亀山藩:亀山城
伊勢亀山藩の城下にある本久寺の大銀杏
伊勢亀山藩/亀山城 :伊勢(三重)亀山市 石川家 譜代 60千石【帝鑑間】 子爵   ☆石川総慶が1744年に亀山藩に入封し11代120余年在封
亀山城隅櫓。家老屋敷門。石井兄弟敵討ち。本久寺の銀杏。伊勢亀山藩石川家菩提寺の大久寺H17.02参詣  伊勢亀山藩の支藩:常陸下館20千石
 亀山藩探訪:昭和50年5月:三重工場出張時/平成16年12月再訪B   伊勢亀山藩の旗本の分家:大島陣屋7千石(豊田)。保久陣屋4千石(岡崎)
伊勢亀山藩石川家の菩提寺、大久寺/北区田端 2005.02参詣。
※一口メモ
@伊勢亀山城は、1265(文永2)年に、この地方を支配する関氏が築城したものが始まり。1573(元亀4)年に関盛信が織田信長によって追放されるまで関氏代々の居城となっていた。そして、1590(天正18)年に豊臣秀吉配下の岡本宗憲が近世城郭としての伊勢亀山城を築城。天守閣も築いた。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦い後に美濃多良を領していた関一政が伊勢竈山藩に3万石で入封した。
A伊勢亀山藩の藩主変遷:慶長5年(1600)関家が再封→松平家(奥平)→三宅家→本多家→石川家→板倉家→松平家(大給)→板倉家→1744年に備中松山から石川家が伊勢亀山藩に入封し藩主家が定着

B幕末維新時の伊勢亀山藩:伊勢亀山藩は幕府軍として出兵の準備をしていたが、幕府軍の敗北が伝わると、藩主は直ちに上京し恭順した。伊勢亀山藩からは150名が出兵した。
伊勢亀山藩、亀山城隅櫓
亀山藩家老屋敷長屋門
石井兄弟敵討ちの碑 :元禄14年5月、石井兄弟が亀山城
石坂門外で、父・兄の敵、赤堀源五右衛門を28年目に討取る。