上泉伊勢守の菩提寺、西林寺 上泉伊勢守の墓は自然石
上泉伊勢守信綱:(1508?-1577) 上泉城主&新陰流開祖。
 上泉家は、地方豪族として上泉城の城主となり、鎌倉管領上杉氏に属していた。 信綱は、少年時代より剣法を志し、鹿島新当流の修行に励み、17歳の若さで天真正伝神道流の奥義を授けられた。24歳の時、陰流正統を受け継ぎ、やがて新陰流を開祖となる。
 箕輪城主長野業政の属将となり、奮戦し軍功を挙げる。業政が没し、業盛が武田信玄に攻め滅ぼされると、信綱は信玄のもとへ伺候したが、我が剣術流派を広めたいことを告げ、「他家に仕官しない」という条件と引き替え旅立つ。この時信玄から一字を貰い、名を秀綱から信綱に改めた。
 神後宗治・疋田文五郎を供に従え、伊勢国司の北畠家の当主で、塚原卜伝門下の剣豪としても名高い北畠具教を訪ねる。信綱の技が尋常でないことを見抜いた具教は、<ぜひ会ってみよ>と二人の人物を紹介した。宝蔵院流槍術の祖となる宝蔵院胤栄と柳生(石舟斎)宗厳である。
 信綱と立ち会った胤栄は、ほとんど何もできないままに信綱の袋竹刀に詰められたといい、石舟斎は、弟子の疋田文五郎と立会い完敗し、信綱一行を柳生の里に招き、入門を乞い、後に「無刀取り」を編み出し、信綱より新陰流皆伝の印可を受けた。
 入京した信綱は、二条御所で剣豪将軍(室町幕府13代)足利義輝の上覧演武を行い、打太刀を務めた丸目蔵人は、即座に入門を乞うたといい、感服した義輝から「兵法新陰、軍法軍配天下一」の栄えある称号を賜った。
上泉城
上泉城:群馬県前橋市上泉町    <平城、中世の館>   上泉城  上泉城探訪歴:2009.10
上泉城は1455年、一色(上泉)義秀が築城。 義秀-時秀-義綱-信綱-秀胤と続いた。戦国時代は山之内上杉家⇒北条氏⇒上杉謙信(長野氏)⇒武田信玄が箕輪城の長野氏を攻めた際に奮戦したが箕輪城は落城した。息子の秀胤に上泉城を譲り、伊勢守信綱は剣法の旅にでた。上泉城。
上泉城の縄張り図
上泉城に建つ上泉伊勢守銅像

有名人の墓へ

上泉城二の丸跡に建つ上泉自治会館(左)と本丸跡の郷蔵
上泉郷蔵
 上泉城本丸跡に建てられた江戸時代、前橋藩が天災や飢饉等の非常時の為に、麦などを蓄えた蔵