上口内要害
上口内要害(館)/浮牛城址 :岩手県北上市口内町松坂 中島家25百石 上口内要害  上口内要害探訪歴:2010.05/2012.8更新
1590年、豊臣秀吉の「奥州仕置」により葛西氏は領地を没収され、中世の城跡は破却され、仙台藩伊達領となった。上口内要害の領主は瀬上氏⇒小梁川氏⇒藤田氏⇒田手氏⇒古内氏と変わり、1695年、2524石の中島利成(伊達家一族格)が入城し、明治まで続いた。
 上口内要害の概要は、領主屋敷、侍屋敷80軒、足軽屋敷数百軒。禄高の平均は6.5石で1/3はお蔵米で2/3は田畑耕作で半士半農だった。
                  上口内要害の遠望                       上口内要害の領主館/中世の本丸跡
               上口内要害の領主館/旧本丸へ                                 上口内要害堀跡