金ケ崎要害:金ケ崎城
金ケ崎要害/金ヶ崎城:岩手県金ケ崎町    金ケ崎要害探訪歴:2010.05
金ケ崎要害(金ヶ崎城)は戦国時代の城主、小野寺氏から1591年仙台藩伊達領となった。桑折氏⇒留守氏⇒寛永21年(1644年)3000石・家臣100余名で伊達家一族、大町定頼が金ヶ崎要害に入封し、明治維新まで続いた。金ケ埼要害領主、大町氏菩提寺の泰養寺。
金ヶ崎要害の領主、大町氏菩提寺の泰養寺 大町氏累代の改葬墓
金ケ崎要害(金ケ崎城)の本丸跡と二の丸跡/江戸時代の居館跡
金ヶ崎要害のまちなみ保存地区:ヒバの生垣とエグネの屋敷林