金山城
金山城:群馬県太田市金山町    金山城探訪歴:2010.03
金山城は平安末期に新田氏によって築かれ、新田義貞一族の滅亡により廃城となった。約100年後、宗家にかわり一族の新田家純が再築した。しかし新田氏は重臣の横瀬泰繁に暗殺され、金山城は横瀬氏(後に改名し由良氏)のものとなった。天正12年(1584年)北条氏により開城。
  天正18年(1590年)、豊臣秀吉による北条氏滅亡で金山城は廃城となった。
 金山城は山頂にある美しい石垣の城(跡)。
新田氏は江戸時代は岩松氏を名乗り、交代寄合旗本、120石の小禄で明治を迎えた(岩松陣屋)
    金山城月ノ池
           金山城、3の丸を望む
日ノ池と大手虎口、金山城
金山城大手虎口
物見台下虎口、金山城
金山城堀切
235mの金山城からみた太田市街