金山要害:金山城
金山要害/金山城:宮城県丸森町金山  一族、中島氏2000石  金山要害探訪歴: 2011.07
金山要害は戦国時代伊達氏と相馬氏の争奪戦が展開されたところである。永録8年(1565)には相馬氏が攻略、天正9年(1581)には伊達政宗が初陣を飾っている。天正12年(1584)に伊達領となり、1588年に中島宗求が拝領した。  
            金山要害の移築門/武家屋敷街。 金山要害の領主、中島家菩提寺の瑞雲寺。
Back
※一口メモ:金山要害の案内図で登城したが、真夏でしかも現在は訪れるものが少なく草薮等で難渋した。
金山要害の移築城門と家中屋敷街(城門は家中屋敷街の入り口の屋敷)
金山要害(金山城)への登城口
金山城(金山要害)跡案内図
金山要害(110m)の丘陵からの眺め
金山要害本丸跡
金山要害の領主、中島家菩提寺の瑞雲寺