武州金沢藩/六浦藩
武州金沢藩/六浦藩: 武蔵(神奈川)/横浜市金沢区六浦町瀬戸12-28 米倉家 譜代 12千石【菊間】子爵
武州金沢藩武州六浦藩の陣屋跡石段。 武州六浦藩米倉家菩提寺の蔵林寺。   
       武州金沢藩探訪歴:平成8年11月探訪/同18年9月再訪/同年28年2月再訪  
武州金沢藩(六浦藩)米倉家菩提寺の蔵林寺&墓/H16.11参詣 神奈川伊勢原市

米倉忠仰が1722年居所を
金沢に移し武州金沢藩(六浦藩)が成立した(下野皆川に陣屋を構え4代にわたって在封)。以後8代140余年在封。領地は6か所に点在していた。

武州金沢藩(六浦藩)は加賀藩(金沢藩)と区別するために、六浦藩とも称した。

※一口メモ:幕末維新時の武州金沢藩(六浦藩):武州金沢藩(六浦藩)の藩論は定まらず結局は新政府軍の傘下にいり、横浜港の警備、旧幕臣の捜査を担当した。武州金沢藩からの出兵は43名。
金沢八景側の武州金沢藩(六浦藩)の陣屋跡/表札は米倉