神戸藩/神戸城
神戸藩/神戸城:伊勢(三重)鈴鹿市神戸本多町 本多家・膳所分家 譜代 15千石【帝鑑間】子爵 
神戸藩の城跡の大部分は神戸高校.。 野面積み本丸跡。 神戸藩本多家縁観音寺。 四日市顕正寺に大手門。 蓮花寺に太鼓櫓
                 神戸藩本多家菩提寺&墓所の霊厳寺/江東区白河 2006.03参詣 神戸藩                               
                            神戸藩探訪歴:平成8年4月探訪//同25年5月再訪:田丸城探訪途次
※一口メモ:
@神戸藩の藩主変遷  一柳家→廃藩→石川家→1745年、本多忠統が河内から1万石で神戸藩に入封(後5千石加増)し藩主家が定着

A幕末維新時の神戸藩:神戸藩の藩論は2つに割れていたが鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗れたことにより、新政府軍に統一した。
B神戸藩の神戸城はかっては天正8年(1580)五重の天守閣が築かれ織田信長の子、信勝も居城したことがある。    
 神戸藩本多家菩提寺の霊厳寺&墓/東京江東区。 真ん中の墓が藩祖、忠統の墓  左の墓は、宗藩の膳所藩江戸の歴代墓(2006.03参詣)
四日市顕正寺に大手門/神戸藩
神戸藩、神戸城の野面積み本丸
蓮花寺に太鼓櫓 /神戸藩