加納藩/加納城
加納藩/加納城: 美濃(岐阜)岐阜市 永井家 譜代 32千石【雁間】子爵    加納藩探訪歴:昭和62年5月探訪/平成19年3月再訪B/同26年更新
加納城移築門。加納藩永井家菩提寺は功運寺:中野区H17参詣(岐阜市教育委員会教示)・幕末藩主(尚典と尚服公)以降は本行寺:荒川区西日暮里
☆永井別家:摂津高槻藩36千石・大和櫛羅藩10千石 加納藩                ☆永井直陳が1753年に加納藩に入封し6代在封
                    加納藩永井家菩提寺の功運寺と歴代藩主、7代までの合葬墓。               (吉良上野介のお墓もある) 
加納藩永井家菩提寺の本行寺/荒川区西日暮里 :幕末の藩主、8代尚典・9代尚服と24霊合葬の墓  (平成22年12月参詣)

※一口メモ:@加納藩の藩主家変遷:慶長6年(1601年)奥平家→菅沼家→大久保家→戸田家→安藤家→永井家が1753年岩槻から加納藩に入封。
A幕末維新時の加納藩:加納藩の最後の藩主は若年寄兼会計総裁職にあったが、鳥羽伏見の幕府敗報を聞き、辞職。急いで帰国したが、帰藩したのは新政府軍到着の前日というきわどさだった。謹慎だけで済み、のち積極的に新政府軍に協力した。加納藩からは138名出兵した。
加納藩の加納城は堀は埋め尽くされ石垣があるのみ
加納藩の加納城移築門/各務原市蘇原野口