唐沢山城
唐沢山城:栃木県佐野市富士町                                           唐沢山城探訪歴: 2009.02探訪/2014.08更新
唐沢山城は標高250mの唐沢山に遺構をよく残す山城。築城は平安中期の藤原秀郷。現在の遺構は、戦国時代に佐野盛綱が大修築したもの。
 上杉謙信の9回にわたる攻撃を退けた堅城。
佐野信吉は、1600年の関ヶ原の戦いは徳川軍につき、本領を安堵(39千石)されたが、旧豊臣大名であり唐沢山城の堅塁さが徳川幕府のもとで災いとなることを危惧し、1607年に唐沢山城を破却して佐野城を築城し移る。唐沢山城。
唐沢山城の城主、佐野家系譜:盛綱(23代)-秀綱(24代)-泰綱(25代)-豊綱(26代)-昌綱(27代)-宗綱(28代)-氏忠(29代)
                 -房綱(30代:1558〜1601年)-信吉(31代:1566〜1622年))
唐沢山城の城主、佐野房綱(30代)の菩提寺報恩寺(佐野市山形町)
唐沢山城の本丸に鎮座の神社
唐沢山城本丸の石垣
250mの唐沢山城(跡)からの展望:戦いの無い時代では山城は不要!