烏山藩:烏山城 
烏山藩/烏山城:下野(栃木)那須烏山市 大久保家・小田原藩分家 譜代 30千石【雁間】子爵 ☆大久保常春が1725年に烏山藩に入封し8代在封
烏山藩の烏山城は平山城址で杉に覆われている。烏山藩大久保家菩提寺の教学院  龍門の滝  烏山藩 
                     烏山藩探訪歴:平成6年5月探訪/同11年5月再訪/同26年1月更新
☆一口メモ
@烏山藩の藩主変遷: 成田家(無嗣除封)→松下家→堀家→板倉家→那須家(除封)→永井家→稲垣家→大久保家が1725年に近江領から烏山藩に入封し藩主家が定着した。

A小田原支藩の烏山藩大久保家とは:忠員⇒忠為⇒忠知(書院番頭2千石)⇒忠高(御側衆1万石で大名)⇒常春(1725年、若年寄)が烏山藩入封。
B幕末維新時の烏山藩:烏山藩は近隣諸藩の動静を見ながら大勢に順じて白河攻めなどに出兵した。烏山藩からは346名が出兵した。
C天保7年に烏山藩は二宮尊徳を登用し、荒地116町歩が復興された。
烏山藩の城下を流れる那珂川で鮎料理を食べる。
烏山藩、烏山城本丸石垣・烏山藩
烏山藩大久保家菩提寺の教学院と歴代藩主のお墓  平成17年1月参拝