笠間藩/笠間城
笠間藩/笠間城:常陸(茨城)笠間市 牧野家・長岡藩分家 譜代 80千石【雁間】子爵     ☆牧野貞通が1747年、笠間藩に入封し9代120余年在封
笠間城は巨大自然石利用の城址 笠間城八幡櫓/真浄寺 笠間城薬医門・裏門/笠間市 笠間稲荷  笠間藩牧野家菩提寺の要津寺/墨田区 
笠間藩探訪歴:  昭和63年5月探訪:袋田の滝/平成9年3月/同19年3月再訪B/ 同26.08更新
       笠間藩、自然の大石を避けての登城階段で笠間城天守へ                    笠間藩、笠間城天守曲輪の石垣
 
          笠間藩の笠間城の天守へ、岩がゴロゴロ  
笠間藩の笠間城の麓、上級武士団の町並み 笠間藩の笠間城八幡櫓/真浄寺
笠間藩移築の笠間城薬医門 笠間藩移築の笠間城裏門
                                 笠間藩城下の、笠間稲荷での土産は?

※一口メモ
@笠間藩の藩主変遷 松井松平家→小笠原家→戸田家→永井家→浅野家→井上家→本庄家→井上家→1747年牧野家が延岡から笠間藩に入封
A幕末維新時の笠間藩:笠間藩の藩主は幕府の要職を歴任して来ていたので、佐幕色が強かったが、新政府軍が結城城や宇都宮城奪還を図る情勢をみて、新政府軍へ恭順した。新政府軍に笠間藩の兵士576名を送り、旧幕臣の草風隊と小山で戦ったが、旧式火縄銃の装備のため、散々な目にあった。B笠間城の築城は承久元年(1219)宇都宮時朝が築城し、笠間氏を称した。その後、小田原北条に与した笠間氏は、豊臣秀吉の小田原征伐で滅んだ。 

笠間藩牧野家菩提寺の要津寺と藩主墓所/合祀墓  2005.03参詣    (笠間市生涯学習課様教示)