鹿島藩/鹿島陣屋
鹿島藩/鹿島陣屋:肥前(佐賀)鹿島市 鍋島家・佐賀藩分家 外様 20千石【柳間】子爵  鍋島直朝が寛永19年(1642)鹿島藩入封、11代220余年在封
 鹿島藩の陣屋大手門。 鹿島藩の陣屋本丸赤門。 鹿島藩鍋島家菩提寺の普明寺
 鹿島藩(鹿島陣屋)探訪歴:昭和50年9月探訪/平成9年7月/同18年4月再訪 /同26年5月改訂
鹿島藩、桜に彩られた鹿島陣屋跡
 
※一口メモ:@慶長15年(1610)下総矢作領5千石の鍋島忠茂が、兄の佐賀藩主勝茂より佐賀領内に2万石分与され25千石の鹿島藩が成立した。
正茂が継いだが佐賀藩主勝茂が自分が分与した2万石を九男直朝に与え鹿島藩の3代目藩主としたので、正茂は矢作領(江戸幕末は静岡県岩井陣屋
の直参旗本5千石となった。
A幕末維新時の鹿島藩:鹿島藩の藩主は宗藩の佐賀藩兵1万名と鹿島藩の700名を率いて北陸道の先鋒を務めることになっていた。しかし、佐賀藩の
意向もあって、長崎の警護を命じられた。

  

鹿島藩鍋島家菩提寺の普明寺とお墓  2006.04参詣
鹿島藩の城下の武家屋敷通り
          鹿島藩の陣屋本丸赤門/現鹿島高正門 
鹿島藩の陣屋大手門