春日山城
春日山城:新潟県上越市 春日山城   ☆春日山城は戦国時代、北国の雄と言われた上杉謙信の居城。
 春日山城は、南北朝時代に越後国守護である上杉氏が越後府中の館の詰め城として築城したのが始まりとされる。1507年(永正4年)、守護代であった長尾為景がが上杉定実を擁立して守護の上杉房能を追放した。新守護として定実が府中に入ると、長尾氏が春日山城主となった。
 春日山城は上越市中部にある春日山山頂に築かれ、天然の要害を持つ難攻不落の城とされ、為景、晴景、上杉謙信(長尾景虎)、上杉景勝の四代の居城となった。しかし、上杉景勝が慶長3年(1598)に会津120万石で転封した後に越後を支配した堀氏は、政治を取り仕切るに不便として、1607年(慶長12)に福島城を築城して移り、春日山城はその役目を終えた。
春日山城探訪歴:平成9年7月探訪//つくつく法師蝉のせみ時雨:平成22年8月再訪
春日山城から城下を遠望
春日山城本丸跡
平成9年7月の春日山城探訪

有名人の墓>

春日山城の麓の林泉寺と謙信公の墓(謙信の廟所は子孫の米沢藩にある)
毘沙門堂、春日山城
春日山城二の丸跡から本丸跡を望む