勝山藩:勝山城 
勝山藩/勝山城 :越前(福井)勝山市 小笠原家 譜代 22千石【帝鑑間】 子爵    ☆小笠原貞信が1691年に勝山藩に入封し8代約180年在封
勝山藩の勝山城址は現在の市役所  勝山藩の藩校成器堂の講堂  大清水 勝山藩小笠原家菩提寺の開善寺と藩主墓所  越前おろし蕎麦
勝山藩探訪歴:昭和62年5月探訪/平成17年10月再訪/同26年6月改訂 勝山藩の分家:伊豆木陣屋/長野飯田市 交代寄合1千石
勝山藩主勝山藩小笠原家菩提寺の開善寺と藩主墓所/教育委員会さま教示 H17.10参詣  
※一口メモ:勝山藩は松尾系小笠原家だが、深志系小笠原家は4家ある⇒小倉藩・唐津藩・安志藩・千束藩。
@勝山藩の藩主家変遷:松平(越前)⇒弟の松平(越前)入封⇒天領⇒元禄4年(1691)、小笠原家が高須から勝山藩に入封。
A幕末維新時の勝山藩:勝山藩は新政府が成立すると直ちに弾薬2万発を献上して恭順の意を表した。そして勝山藩は北陸道の越後、会津戦に転戦した
勝山藩の城下に散見される家と大清水には水が溢れていた
勝山藩成器堂(旧藩校講堂)
勝山藩、勝山城(跡)の碑