勝山藩/勝山城
勝山藩/勝山城:美作(岡山)真庭市勝山 三浦家 譜代 23千石【雁間】子爵     ☆三浦明次が1764年、勝山藩に入封立藩し10代100余年在封
勝山藩旧藩主三浦邸。 勝山藩三浦家菩提寺の安養寺。高瀬舟発着場。 白壁土蔵の商家町並。 神庭の滝。  小さな城下町
 勝山藩探訪歴:昭和54年7月探訪、平成17年9月再訪:上月のWさん宅に宿泊 平成26年6月改訂  
市役所が江戸期の勝山城(跡)、勝山藩 勝山藩の藩主、三浦邸
勝山藩の武家屋敷       勝山藩の勝山城下の商家町筋
神庭の滝はお猿の軍団、勝山藩 勝山藩の商家町筋
                                      勝山藩高瀬舟発着場

<幕末275藩

<小さな城下町

※一口メモ:@勝山藩の三浦家は鎌倉時代の名門、三浦介義明から出る。1611年に諸侯に列し、壬生ー延岡ー刈谷ー西尾を転封し、1764年に勝山藩に入封、10代約100年にわたり在封し明治を迎えた。
A幕末明治維新時の勝山藩:勝山藩は岡山藩の意向に沿い、岡山藩に追従し、佐幕的な津山藩に出兵した。
勝山藩三浦家菩提寺の安養寺と藩主墓所