安房勝山藩:勝山陣屋
菩提寺と勝山藩酒井家墓所/勝山生涯学習担当さま教示
※一口メモ::@勝山藩の藩主家変遷:内藤家3万石(除封)⇒天領⇒内藤家(除封)⇒廃藩⇒寛文8年(1668)酒井忠国が叔父の小浜藩主の領地から1万石を分与され、勝山藩が成立した。寺社奉行に昇進し5千石加増された。のち3千石を分与した。
A幕末維新時の勝山藩:勝山藩は近隣諸藩にならい新政府軍へ恭順をあらわした。
勝山藩 /勝山陣屋 安房(千葉):千葉県鋸南町勝山     安房勝山藩
       酒井家・小浜藩分家 譜代12千石【菊間】 子爵
勝山藩陣屋跡は加知山神社辺りで面影ゼロ   福聚院/南房総市の山門は藩祖忠国の父、忠朝屋敷門  勝山藩酒井家の菩提寺は青松寺/墓所は多磨霊園   白川陣屋/群馬に飛地の知行地
平成9年2月探訪 同17年5月再訪
平成30年3月改訂
酒井忠国が1668年に入封し9代約
200年在封
/安房勝山藩

水仙ロードにて H12.02

安房勝山藩の陣屋跡周辺、面影ゼロ