川越藩/川越城
川越藩/川越城: 武蔵(埼玉)川越市   松井松平家 譜代 80千石【帝鑑間】子爵             小江戸と称される川越藩    
川越藩、川越城本丸御殿時の鐘。喜多院。川越東照宮。街並。三芳野神社。 川越藩松井家菩提寺の光西寺:小仙波町。 
'転勤族譜代大名:笠間藩→篠山藩→岸和田藩→山崎藩→浜田藩→古河藩→岡崎藩→浜田藩→棚倉藩→1866年(明治維新の2年前)に川越藩に入封  昭和60年5月探訪、
平成20年4月再訪B
昭和60年、探訪時の大ちゃん
三芳野神社♪とうりゃんせ、とうりゃんせ、ここはどこの細道じゃ♪
川越藩にある川越東照宮
川越藩松井松平家菩提寺の光西寺と松井家累代墓/藩主の転封と帯同して動いたお寺さんで別称、サムライ寺ともいう。
喜多院は桜満開
菓子屋横丁の賑わい
蔵通り
川越藩川越城の富士見櫓跡
川越藩川越城の大手門跡/市役所
川越藩川越城本丸御殿
川越藩の時の鐘
※一口メモ:@川越藩の藩主変遷  酒井家→酒井家(弟)→堀田→松平家(大河内)→柳沢家→秋元家→松平家(越前)→1866年松平家(松井)が棚倉藩から川越藩に入封し2年で明治維新。
A幕末維新時の川越藩:川越藩の藩主、松平康英は老中を辞して、恭順し上京した。鳥羽伏見の戦いに協力を申し出たが拒否されたが、数代前の藩主の息子の正室に島津家から輿入れの縁があり、最終的には認められ、軍事物質の供給や奥羽・会津戦にも出兵した(川越藩から1200名出兵)。