河村城
河村城:神奈川県足柄上郡山北町山北(現河村城址公園) 河村城探訪歴:2013.03 
河村城の築城は、平安時代末期に秀郷流藤原氏の一族波多野道義の二男・河村秀高によって築かれたと伝承される。 建武の中興・南北朝時代と河村氏は南朝側の新田氏に協力し活躍するが、北朝側の足利尊氏らによって鎌倉が攻められると、河村秀国・秀経らは新田義興とともに河村城に篭城する。  天正7〜8年(1352〜1353)にかけて、足利尊氏軍(畠山国清)と戦火を交えるが、“南原の戦い”で敗れた後、河村城は畠山国清・関東管領上杉憲実を経て大森氏の持城となり、その後相模に進出してきた小田原北条氏に受け継がれていく。 戦国時代、小田原北条氏は武田氏との攻防から、小田原城の支城として河村城を重視し、特に元亀年間には河村城の補強を行なった。 その後、武田氏との間で周辺の諸城とともに争奪戦を繰り返したが、天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原征伐で河村城は落城、廃城になったと考えられるが、これらを伝える史料は残っていない。・・(現地案内解説板概略)・・
河村城から酒匂川(手前)と山北の町を望む
Back
寺の裏山にある河村氏の供養墓石
河村城築城の河村氏菩提寺、室生山般若院
本城郭から小郭と茶臼郭を望む
河村城の本城郭/遠くに富士山が見えた
本城郭と小郭を守る畝堀
河村城井戸跡(お姫井戸)
河村城登場口と河村城配置図
茶臼郭から小郭、本城郭を望む