川崎要害:川崎城 
川崎要害/川崎城:宮城県柴田郡川崎町前川   伊達一門、川崎伊達氏 2000石 川崎要害 川崎要害探訪歴: 2011.07
川崎要害(川崎城)の跡地はは現在は城山公園と川崎小学校(二の丸)となっている。川崎城(川崎要害)は慶長13年(1608)に砂川実常により築城。元禄15年(1702)の4代重常で無嗣絶家となる。享保7年(1722)に伊達村全が川崎要害(川崎城)に入封し7代在封した。川崎要害 領主の菩提寺は龍雲寺
Back
円福寺にある支倉常長の墓                            同行した家人か船員の墓/墓石に碇が刻んである
川崎町の支倉にある円福寺
支倉常長の墓
支倉常長(1571年〜1622年)伊達家家臣  ☆主君、伊達政宗の命により慶長18年(1613)、イスパニア・ローマへ使節として宣教師や答礼使とともにサンファン・パウチェスタ号で宮城県月ノ浦港を出帆した。国王等に謁見し、元和6年(1620)帰藩した。しかし幕府の鎖国令キリスト教弾圧厳しい世相に急変していた。常長は幕府の目を逃れ支倉家領地であるこの地(支倉)に隠棲したが2年後の元和8年に一生を終えた。 
川崎要害の領主、伊達氏菩提寺の龍雲寺と伊達氏塁代のお墓(東日本大震災で墓は1/3が倒壊)
城山公園の川崎要害
<有名人の墓