葛山城 /かずらやまじょう
葛山城:静岡県裾野市葛山491(仙年寺後背)  葛山城探訪歴:2014.10
葛山城は駿東郡の有力国人領主・葛山氏の居城。愛宕山山頂に本丸・二の丸を配置し、東西に延びた尾根筋に出丸(東曲輪と西曲輪)を配した城郭である。城山の麓には平時の居館(方形の居館(東西100m、南北100m)で、中世の典型的な豪族の館)があった。城主の葛山氏は鎌倉時代は御家人で、室町時代は今川氏に仕えた。今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に打ち取られた1569年(永禄12)、葛山氏元は今川氏から離反して、駿河進出をめざしていた武田信玄に臣従した。その後、氏元の代で葛山氏は没落したが、信玄の六男信貞が葛山氏の名跡を引き継いで再興した。1582年(天正10)、織田信長が甲斐に侵攻し、武田勝頼が天目山で自刃して武田氏は滅亡、その際、城主の葛山信貞も甲斐の善光寺で自刃し葛山氏も滅亡し葛山城も廃城となった。
 
 葛山城案内図  葛山城大手門跡
                葛山城、東堀切                  葛山城、虎口
                  葛山城、二の丸                  葛山城、本丸
                葛山城、帯曲輪                葛山城からの城下の眺望
 仙年寺 葛山城主、葛山氏のお墓 
Back