雉岡城(きじおかじょう)
雉岡城:埼玉県本庄市児玉町八幡山(現、城址公園)   雉岡城探訪履歴:2013.04
雉岡城は1460年頃、関東管領の山内上杉氏が夏目実基に命じ築城。しかし、雉岡城は手狭のため上杉氏は居城を平井城に移し、雉岡城は夏目実基に守備させた。雉岡城は永禄年間(1558〜1570)に北条氏に攻略され、以後は鉢形城の支城となる。天正18年(1590)、秀吉の小田原征伐の際、雉岡城は前田利家等の攻撃で落城。その後、徳川家康の関東移封後に、雉岡城には松平清宗が1万石で入封した。慶長5年(1600)清宗の子、家清は三河吉田藩3万石)に転封し、雉岡城は廃城となる。(この松平家は無嗣除封になったが、交替寄合5千石で明治まで存続、蒲形陣屋)。0
桜満開の雉岡城
Back