木ノ下城
木ノ下城:愛知県犬山市の平坦部にある城跡(現、愛宕神社)                          
 木ノ下城は1469年築かれ織田広近が入城した。以後,約70年間織田氏が居城した。1573年に現犬山城の地へ移したので、木ノ下城は廃城となった。
                           木ノ下城探訪歴:平成19年3月探訪/同24年8月更新
愛宕神社の境内に立つ木ノ下城の石柱 
木ノ下城の城域に掘られた金明水   木ノ下城の説明板