衣笠城/神奈川 
衣笠城(きぬがさじょう):神奈川県横須賀市衣笠756辺り(大善寺の裏山)   衣 笠城探訪:2015.11
康平6年(1063年) 、前九年の役の戦功により、三浦の地を与えられた平太夫為通は、三浦の姓を名乗り、小高い山全体を城としたのが衣笠城である。その後の三浦氏は源頼朝の挙兵にいち早く駆けつけ、鎌倉幕府の有力御家人として勢力を伸ばした。 衣笠城は第七代、泰村が北条時頼との勢力争いに敗れ、一族五百余人と鎌倉の法華堂で宝治元年(1247年)討死にするまでの約184年間、三浦一族の本城であった。
 
 大善寺の門前を過ぎると<案内板>と衣笠城へ階段がある。  階段を登った所、大善寺の本堂裏辺りに衣笠城の城址碑がある
衣笠城の本丸 
 衣笠城から望む  大善寺の裏山が衣笠城(もともとは大善寺一帯が衣笠城域)
法華堂跡(鎌倉市西御門2)の大江広元墓参詣階段 の入口左側に<三浦一族>のやぐらがある 
※衣笠城への登城:大善寺の駐車場をお借りした、無断で。 
Back