岸和田藩:岸和田城
岸和田藩/岸和田城: 和泉(大阪)岸和田市 岡部家譜代 53千石【帝鑑間】子爵     ☆岡部宣勝が1640年に岸和田藩に入封し13代230余年在封
岸和田城天守閣・城門・隅櫓復興。 岸城神社とだんじり祭。 城下の江戸の面影が残る紀州街道の町並。 岸和田藩岡部家菩提寺の泉光寺。    
岸和田藩、岸和田城探訪歴:平成7年11月探訪/同16年12月再訪(母校、鹿児島玉竜が22年ぶりに花園出場応援途次)/同26年更新岸和田藩
                             岸和田藩53千石の復興岸和田城 
岸和田藩の城下、紀州街道の町並み                だんじり祭の岸城神社にて、岸和田藩の城下にて
岸和田藩岡部家菩提寺の泉光寺&墓所
※一口メモ
@岸和田藩岡部家とは:代々駿河国岡部郷に住み今川氏の被官であった。岡部正綱(家康)⇒長盛(家康に仕え下総山崎で12千石⇒丹波亀山⇒福知山⇒大垣5万石)⇒竜野⇒高槻⇒寛永13年(1640)に岸和田藩に入封した。
A岸和田藩の藩主変遷:小出家→松平家(松井)→1640年、岡部家が高槻から岸和田藩に入封し藩主家が定着

B幕末維新時の岸和田藩:岸和田藩の藩論は勤王と佐幕で争っていたが、慶応4年1月の鳥羽伏見の戦いの後、新政府の京都への兵召集に応じて派兵した。岸和田藩は7000両の献金をした。
Cだんじり祭り:岸和田だんじり祭りの起源は、岸和田藩3代藩主の長泰(ながやす)公が、城内にある稲荷神社に五穀豊穣を祈願し、1年に1度民の参拝を許した稲荷祭に始まります。民は城主に感謝し長持(ながもち)に車を付け、お囃子をしながらその上で舞ったという。