北畠氏館跡/北畠氏館跡庭園
北畠氏館跡:三重県津市美杉町上多木(現、北畠神社)  北畠氏館跡探訪:2013.05
北畠親房の子、北畠顕能が興国3年(1342)に戦略上の拠点としてこの地に霧山城を築き伊勢国司に任じられた。そして霧山城の麓のこの地(北畠神社)に居館を設けた。以後九代二百数十年に亘って志摩・紀伊・伊賀・大和等を治めた。しかし、天正4年(1576)、天下制覇をねらう織田信長の謀略により、北畠具教は殺され北畠氏は滅亡した。北畠氏館跡庭園は国指定の名勝及び史跡。    
北畠氏館跡に建つ北畠神社
Back
北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、南北朝時代の武将。北畠親房の長男で北畠顕能の兄。義良親王を奉じ、陸奥国に下向したが、足利尊氏が建武政権に叛したため、西上してこれを九州に追った。やがて任地に戻るも、足利尊氏が再挙して南北朝が分立するに及び、再びこれを討とうとして西上し、和泉で戦死した。21才。
霧山城の麓に、平時に暮らす北畠氏館を設けた。
北畠氏館跡庭園/国指定の名勝及び史跡