坂の城下町、杵築藩/杵築城
杵築藩江戸菩提寺の英信寺&お墓 2006.03参詣
杵築藩の藩校門
武家屋敷街にある大原邸(200石):江戸時代は杵築藩の御用屋敷として使用
杵築藩の武家屋敷街
杵築藩、杵築城
白壁に 梅の香匂う 坂の町
      (平成十年二月)

<小さな城下町

<幕末275藩

坂道に江戸の面影が漂う城下町
杵築藩/杵築城: 豊後(大分)杵築市 能見松平家 譜代 32千石【帝鑑間】子爵   松平英親が1645年に杵築藩に入封し10代220余年在封 
勘定場・番所・酢屋・飴屋の坂。武家屋敷。 藩校門。長昌寺の枯山水。杵築藩能見家菩提寺の養徳寺/江戸は台東区英信寺。仏跡の里国東半島 
杵築藩探訪歴:昭和47年9月探訪/平成10年2月B/同21年4月C/同24年6月更新  杵築藩の分家:旗本松平家3千石
※一口メモ
@杵築藩の藩主家変遷:細川家領有⇒小笠原家⇒正保2年(1645)に松平英親が豊後高田から杵築藩に入封した。
A幕末維新時の杵築藩:藩主は寺社奉行で江戸にあり杵築藩に帰国が出来なかったが、薩摩藩などの勧告で子の親貴が上洛し甲州などに出兵した。
 杵築藩からは50名が出兵した。
B参勤交代:杵築藩は「長崎御用」を命じられていたので、同じ立場にあった府内藩と参勤交代は交互(参勤と下向)になるよう幕府から命じられていた。 
杵築藩能見家の菩提寺、養徳寺境内の藩主(6代、7代)の墓。
飴屋の坂
酢屋の坂
、杵築藩
長昌寺は9・11・14代杵築藩の藩主の実母の菩提寺で枯山水の庭がある
勘定場の坂
、杵築藩の城下
番所の坂
、杵築藩