喜連川藩:喜連川陣屋 
喜連川藩の陣屋跡は役場                喜連川藩の御用堀
喜連川藩/喜連川陣屋:下野(栃木)さくら市 足利家 外様 100千石格【無席】子爵         ☆足利国朝が1590年3500石、13代在封
喜連川公方家の子孫.。喜連川藩の陣屋跡は役場。御用堀・寒竹囲いの家。喜連川藩足利家菩提寺の龍光寺。お丸山公園の桜。喜連川神社  
喜連川藩/喜連川陣屋探訪歴:平成11年9月探訪/同16年春:桜の季節に友人K氏と再訪/同26年6月更新
喜連川藩の武家屋敷通 喜連川藩の武家屋敷街  寒竹囲いの家
喜連川藩足利家菩提寺の龍光寺の累代墓所       喜連川陣屋裏にあるお丸山公園は満開の桜
※一口メモ
@喜連川藩の起こりは、天正18年(1590年)、足利国朝が古河公方の家を継ぎ、秀吉から3500石を与えられた。家康は同族の喜連川家に5000石を給して高家にした。喜連川藩は万石以下だが、表向きは1万石の大名で家格は10万石の格式を与えられた。
A幕末維新時の喜連川藩:極小の喜連川藩も宇都宮藩などの関東諸藩とともに新政府軍に与し、会津戦にも出兵した(喜連川藩の出兵は20名)。
 
                           <幕末275藩                     <戻る:名家の子孫