小畠代官所(こばたけだいかんしょ)
小畠代官所:広島県神石郡神石高原町小畠2025(現神石高原町役場敷地)
                           小畠代官所探訪歴:2013.初夏/上下代官所探訪途次
 
関ヶ原の戦い後、毛利氏は周防・長門に減封された。その後に福島氏(改易)⇒水野氏が入封したが元禄11年(1698)、福山藩水野氏は断絶した。福山藩領の内、3万石は幕府天領(上下代官所)に2万石は中津藩奥平家の飛地領となった(神石22ヵ村甲奴12カ村安那2カ村の計36カ村)。 神石高原町役場の敷地内にある「小畠代官所跡」は、享保2年(1717)に代官に任命された大庄屋村田知賢が自邸を提供し、代官所を置いた所。 代官所の移築門/岩屋寺。
豊前中津藩小畠代官所配置図
Back
小畠代官所表門の移築門//岩屋寺山門
小畠代官所碑/井伏鱒二の書