小机城
小机城の城代笠原氏(徳川時代の旗本200石)の菩提寺、雲松院
小机城櫓台へ
空堀が良く残っている、小机城
    小机城本丸跡                                 小机城二の丸跡 
Back
小机城:神奈川県横浜市港北区小机町 小机城 小机城探訪歴:2012.03 
小机城の築城は定かでない。城をめぐる関係者としては矢野氏・長尾氏・太田氏が登場。戦国時代に入ると小田原北条氏の北条氏綱の重臣・笠原信為を城代として置き、小机城は後北条氏の有力支城となった。1590(天正18)年の豊臣秀吉による“小田原征伐”の際、小机城はわずかな城兵で守っていたが、豊臣軍の攻撃を受ける前に降伏しためで小机城は落城し廃城となった。 前城代の笠原氏は、徳川家康の関東入封後の天正19年(1591)に笠原重政が、200石の旗本として召し出された(領地は横浜市緑区台村町)。小机城の城代、笠原家の菩提寺は臥龍山雲松院。
小机城縄張図
小机城への登城口