古河藩/古河城
古河藩城下の武家屋敷
古河城文書蔵/移築/古河藩
古河藩江戸下屋敷門/正定寺
古河藩、古河城乾門/福法寺
古河藩、古河城大手門跡
渡良瀬川河川敷きとなっている古河城址、古河藩

古河藩武家屋敷

古河藩/古河城: 下総(茨城)古河市  土井家  譜代  80千石【雁間】子爵        *土井利里が1762年に古河藩に入封し7代106年在封
古河城址は渡良瀬川の河川敷き(明治以降に河川が何回も氾濫)。 古河城乾門/福法寺に移築。  古河藩江戸下屋敷門/正定寺に移築。 
古河藩土井家菩提寺の正定寺。  古河城文書蔵。
古河藩武家屋敷。  古河公方館跡      
古河藩の支藩: 越前大野藩40千石、三河刈谷藩33千石 平成8年4月大ちゃんと探訪/同19年5月再訪B/同24年6月更新
※一口メモ:@古河藩の藩主変遷 小笠原家⇒戸田家⇒小笠原家⇒奥平家⇒永井家⇒土井家⇒堀田家⇒松平家(藤井)⇒松平家(大河内)⇒本多家⇒
松平家(松井)⇒そして1762年に土井家が古河藩に再封し藩主家が定着した。

A幕末維新時の古河藩:古河藩は家老の小杉監物の決断により、勤王の意を表明し藩主を上京させて恭順させた。しかし国許では彰義隊にキャノン砲
を貸し出す不祥事をおこした。古河藩からは850名出兵し、戦死は1名だったが、ゴタゴタがあり古河藩は
1万両という大金を新政府に献金した。
B古河藩は転勤族譜代大名:小見川→佐倉→古河→鳥羽→唐津→1702年古河藩に再封、以後7代藩主で明治 
 古河藩の城下にある古河公方館跡/室町幕府時代
古河藩土井家菩提寺、正定寺&藩主墓所
武家屋敷