小泉藩:小泉城
小泉藩/小泉城大和(奈良)大和郡山市小泉町2252  片桐家 外様 11千石【柳間】子爵  
                                                ☆片桐貞隆が1600年に小泉藩を立藩し12代270年余在封
            長刀池辺に模擬櫓(石州流茶道宗家高林庵)   小泉藩城址裏門/小泉神社   小泉藩片桐家菩提寺の慈光院    
       小泉藩探訪歴:小泉藩探訪歴::平成9年2月探訪/ 同28年4月再訪A(吉野山桜紀行途次)  小泉藩
小泉藩小泉城跡に建つ片桐邸
武家屋敷通りの名残がある/小泉藩
小泉藩片桐家菩提寺の慈光院
小泉藩の城址碑と長刀池

※一口メモ
@豊臣家の家老、片桐且元は、大坂方から家康への内通を疑われたので、弟の片桐貞隆(小泉藩藩祖)とともに、大阪城を去った。貞隆は、1万6千石を 大和小泉に得て小泉藩として立藩した(兄の且元の本家は無嗣が二回ほど続いたが、名跡は認められ3千石の旗本となった⇒結局は絶家となる)。小泉藩は貞昌の時に弟の貞晴に3千石、三代貞房の時に庶兄信隆に1千石を分与、1千石を収公されて、1万1千石となった。
A幕末維新時の小泉藩:小泉藩は鳥羽伏見の戦いの後に泉州海岸警備の兵を引き上げて恭順し、討幕に出兵した(小泉藩から85名出兵)。
B茶道石州流の祖:小泉藩2代藩主貞昌は茶道石州流の祖として将軍家綱の茶道指南役となった。 

小泉藩移築陣屋裏門/小泉神社