小牧陣屋
小牧陣屋:愛知県吉良町小牧字郷中    小牧陣屋 大多喜藩陣屋 小牧陣屋探訪歴:2010.10
小牧陣屋は千葉、大多喜藩2万石大河内家の出張陣屋。 元禄16年(1703)大河内正久が千葉、大多喜城を拝領し移り、ここに陣屋を置いて統治した。小牧陣屋は幡豆郡36ケ村&碧海群7ケ村の13000石の陣屋。  (永禄4年(1561)、徳川家康(松平元康)が東条城の吉良氏を攻めた時に、本陣を構えたことが小牧陣屋の始まりである。東条城が落城すると、この地は本多広孝の領地となり、本陣跡に館を構えて役人を置いた。慶長年間に大河内氏の所領となる)。
小牧陣屋長屋門/吉良町荻原の旧糟谷邸
小牧陣屋平面図
小牧陣屋跡
小牧陣屋長屋門/旧糟谷邸
BACK