小丸山城 
小丸山城:石川県七尾市馬出町(現、小丸山公園)                                小丸山城探訪:2014.04
小丸山城は標高20m余の丘にあり、前田利家が天正10年(1582)に築城した。織田信長の属将であった利家は天正9年に能登一国を拝領した。それまでの居城、府中城から七尾城に入城したが典型的な山城の七尾城を捨て、政治・経済に主眼をおいた小丸山に城を築いた。天正11年になると豊臣秀吉から加増をうけて金沢城に移ったので、小丸山城は利家の兄、安勝が城主(城代は長連龍)となった。小丸山城は元和の一国一城令により廃城となった。
 小丸山城 小丸山城に入城した利家とまつ
 小丸山城本丸跡  小丸山城を望む
 小丸山城から七尾市街を望む  一本杉町通りに古い町並が散見される
Back